ジェネリックが低コストの理由 | 男性の悩み、「ED」を克服!ネットで医薬品は購入できる時代!
menu

ジェネリックが低コストの理由

黄色い錠剤とカプセル

ここ最近でジェネリックという言葉を聞く機会が増えてきていませんか。
ジェネリックというのは、あらかじめ海外で完成されている医薬品を日本の製薬会社が日本人向けに改良して、販売を行なっている医薬品のことをいいます。でも、ここである疑問が生じます。それは「国内で製造して、販売した方が利益になるのでは?」ということです。
たしかにそのようなイメージがあると思いますが、実際は製薬会社が1から医薬品を作るとなると、かなり長い時間と莫大な費用が必要になるのです。
まず、薬を開発するための専用の施設や道具を用意しないといけません。そして、海外からの輸入で材料も必要になります。
それらを扱える人材も必要です。これが1年や2年ほどでの完成なら良いのですが、最低でも10年は必要とされています。
トータルで約数十億は必要になるのです。そんな余裕はどこの製薬会社にもありません。そんなことをするくらいばら、先述したような形で販売したほうがずっと利益につながっていくのです。だからこそ、患者に対しても低価格で医薬品を提供することができるのです。
これはお互いのとってお得になるということが考えられるのです。また、このジェネリックは国が推奨し、広まっているので、今後も増えることは間違いないといえるのです。